「子どもの権利」を守ろう!

大阪市立桜宮高校で、バスケットボール部の顧問から体罰を受けていた男子生徒が自殺したことで、日本のスポーツ活動の「指導と体罰」の問題が表面化しました。
日本柔道界でも、暴力とパワハラ問題が、選手から告発という形で表面化しました。オリンピック東京誘致との関連から、「大事なこの時になぜこんな問題を起すんだ?」との声も聞こえますが本末転倒です。指導という建前の暴力行為が是か非かの問題なのですから。
それに、桜宮高校の亡くなった生徒さんも、IOCに訴えた日本女子柔道の選手たちも、今までの経緯があっての、結果行動であることも忘れてはなりません。

当協会は、「子どもの権利条約」を推進、普及することを目的に掲げています。「子どもの権利条約」に暴力指導の容認は、いかなる理由を並べても絶対にありえません。当協会は、暴力的指導を断固否定します。
そういう中で、桜宮高校の2013年度スポーツ健康科学科・体育科の入試はなくなりました。問題が転嫁された感じです。スポーツ健康科学科・体育科の存在が問題ではなく、指導の方法が問題なのですから。

知り合いに、桜宮高校の卒業生がいます。母校の状況を憂い、悲しみ、心配して相談に来てくれました。彼女は3年間スポーツクラブに所属し、大学でも同じスポーツを続けています。
しかし彼女は高校時代、レギュラーにはなれず、華々しい活躍の場があったわけではありません。それでも「充実した3年間であり、仲間や先輩とのつながりに感謝している」との意見を寄せてくれました。そして何より、レギュラーになれない自分を励まし、そのままの自分をありのままに評価し、レギュラーに選抜されることだけがすべてではないことを、教え導いてくださった先生には、心から感謝しているとのことでした。
どんなに苦しんだり悩んだりしている様子を見ても、わが子がこの信頼感、充足感、達成感の上に立って臨んでいるからこそ、家族も応援してきたのでしょう。彼女の妹も、「次は私も桜宮高校でプレイしたい!」と願っています。桜宮高校のスポーツクラブ活動で指導者や仲間との信頼関係が結ばれた実績が、身近で見てきた家族を通して、次世代へと継承された結果です。

文部科学省によると、全国の小・中・高校と特別支援学校で、02年度以降の10年間、毎年400人前後の教職員が体罰を理由に処分されているそうです。
11年度は404人(うち126人が当事者として懲戒処分)で、内訳は〈1〉中学校180人(44・6%)〈2〉高校139人(34・4%)〈3〉小学校81人(20%)〈4〉特別支援学校4人(1%)。このうち110人が部活動に絡むものだったそうです。
指導者の未熟さから発生したこの種の事件が、根本の解決に至らず、表面的な問題にすり替えられてきた結果でしょうか。

元プロ野球選手の桑田真澄氏は、「暴力指導は指導者の能力不足、そして暴力指導は戦前の軍隊教育を引きずるもの」と言われました。 また、自らのスポーツ少年体験から、「抵抗のできない上下関係の上で行われる体罰は一番卑怯なこと」とも言明されています。
子どもが成長するのに必要な糧として、スポーツ体験から得られるものは多々あると思います。「好きだから」「縁があったから」と、純粋にスポーツに取り組んでいる子どもたちを、まるで自分の奴隷のように、言いなりにさせる権力主義はごめんです。

文化は人を豊かにし、成長させます。スポーツも人間が生み出し、継承してきた文化です。他者を支配する道具ではありません。スポーツを楽しみ、仲間と一緒に研鑽を重ね、達成感を体感、共有するものです。うまくいかないことだって、挫折することだって、みんな成長の糧になるものです。かえって他者への共感、他者へのいたわりにつながることも多くあります。特に学校で取り組むクラブ活動では、勝利至上主義ではないはずです。子どもが育つ教育の場なのですから。

それからこの事件が報道されてから、桜宮高校生への罵声やいやがらせが続いているそうです。「体罰高校桜宮の生徒」へのいやがらせです。まさに烏合の衆の心無い行動です。
それっていじめですよ。卑怯ですよ。桜宮高校生は悪くありません。学校や指導者の考え方や対処が間違ってきたのです。日本の社会が「子どもの権利」を正しく理解していないということです。
桜宮高校では保護者の有志が「心ない声からまもってあげられなくてごめんね」と校門の前で在校生560人に手紙を手渡しました。改革を迫られている学校で、今回の被害者は亡くなられた生徒さんのみならず、現在通っている在校生であるにもかかわらず、なぜ彼らが攻撃されなければならないのでしょう。これも弱者を攻め立てる暴力です。

子どもには権利があるのです。未来に夢と希望をもって、明るく楽しく生きていく権利があるのです。親と子、教師と生徒、上司と部下、いずれの関係においても体罰やハラスメントはあってはならないことだと認識しましょう。暴力や虐待は世代連鎖します。今こそ断ち切りましょう!

子どもたちにとって、すべてのことが未来へ続く道のりであるよう、大人のするべきことを考えていきましょう。「子どもの権利条約」はそのバイブルになりえます。いっしょに考えていきましょう。

(北摂こども文化協会機関誌「ハックルベリー」2013年3月号より)
コメント