18歳以上の選挙に向けて

拝啓、18歳、19歳のみんなへ

 

 みなさんは今、「気がつけば選挙権!」にとまどっていませんか?

 

  来る7月の10日、参院選挙があります。なんと、その選挙から、18歳以上の若者に選挙権が生まれたのです。

何を考え、誰に投票したらいいのかわかっていますか?

 今まで、家庭でも、学校でも、友達同士でも、そんな話はしたことないよ、という声が聞こえてきます。

そうですよね、突然、選挙出来る権利をあなたにあげますと言われても、準備も何もないままで、どうしていいかわからないという気持ち、とっても良くわかります。

 子ども・若者自立支援を行っている北摂こども文化協会は、この機会に、皆さんが選挙とは何か、選挙をすることの社会の仕組みはどういうことなのか。我々市民の思いは、選挙によってどのように社会に反映するのか。そしてどんな候補者が、どんなメッセージを発信しているのかを知ることの大切さと方法を伝えたいと思います。

 友達同士で、おかあさんおとうさん、じいちゃんばあちゃん、知り合いのおじさん、おばさん、いろんな人に話を聞いてみてください。そして新聞やニュースにも関心を持って、積極的に選挙をとらえてください。

 先日、イギリスでEU離脱の国民投票が行われました。多くの若者が選挙に一票を投じました。結果はともかく、自分の意思を一票に投じることは大切なことです。

 まじめに考えることはダサいことでも、めんどくさいことでもありません。自分の国や地域の行く末に、関心を持つことは、自分の未来に夢や希望を託せるということです。

 さあ、北摂こども文化協会のメッセージを受け止めてください。その後の決断はあなた自身のものです。

コメント